佛光山法水寺

 

 

星雲大師   佛光山法水寺   総長のお言葉  

ご開山-星雲大師

                

星雲大師

 1927年、江蘇省揚州に生まれる。12歳の時、同省の宜興県にある白塔山大覚寺(南宋咸淳時代1265-1274に創建)で志開上人を師として出家。後に臨済宗第四十八代の首座となる。1949年に台湾に渡り、各種の雑誌を創刊。同時に念仏会、弘法団を組織し、布教の基礎を作る。また佛光出版社を設立、テレビ出演や著述活動も精力的にこなす。1967年に佛光山を創建。その後、海外に200以上の寺院、道場を創設。1985年、佛光山の住持を退き、中華漢蔵文化協会理事長に就任。1991年、中華佛光協会設立。翌年、アメリカ・ロサンゼルスで国際佛光会が発足し会長に就任。1998年、佛光テレビ局を設立。2000年、新聞『人間福報』を創刊。今日に至るまで様々な栄誉ある称号を授与されている。未来に向け仏教の現代化と国際化を目指し、たゆまず邁進し続けている。


1  Page:1/1

 


◎本網站圖文內容,及影音資訊等,均屬佛光山寺所有,請勿任意複製、下載、轉載、連結等。
◎若有需要者,請來信洽詢。